ロングショート分析システム サヤトレロングショート

ロングショート戦略とは

ロングショート戦略とは

投資の世界では「買い=ロング」「売り=ショート」と呼びます。

ロングショート戦略とは、将来上昇が期待される銘柄を買い(ロング)、下落が期待される銘柄を売る(ショート)両建て投資戦略です。

相場が上昇・下落どちらに動いても市場の動きに左右されない安定した運用を行う事が可能となり海外ヘッジファンドの代表的な運用手法です。

一般的には、割安な銘柄を買い(ロング)・割高な銘柄を売る(ショート)構成を基本としますがロングショート戦略は、様々な応用が可能です。

基本構成とは反対に上昇トレンドの銘柄を買い(ロング)・下落トレンドの銘柄を売る(ショート)事で利益を狙う事も可能です。

何を買って・何を売るかの選定条件がロングショート戦略の一番の肝といえます。

ロングショート戦略の仕組み

一般的な投資の場合、安く買って高く売る値上がりした分が利益になる「投資=買い」のイメージが強いと思います。

しかし買い保有だけの投資の場合、どれだけ魅力的な銘柄に投資していたとしても金融市場全体が下落相場の際には、魅力的な銘柄も値下がりして損失となってしまいます。

日本の個人投資家には、あまり知られていませんが投資の世界では値下がりを予想して利益を狙う事も可能です。

・買い(ロング)= 値上がりした分が利益・値下がりした分が損失
・売り(ショート)= 値上がりした分が損失・値下がりした分が利益

上がれば儲かるロングと下がれば儲かるショートを同時に保有する事によって、日々上下変動する金融市場の波を抑えながら安定して利益を狙うのがロングショート戦略の仕組みです。

ロングショート戦略のメリット

買いだけの運用では、いくら魅力的な銘柄に投資を行っていたとしてもリーマン・ショックのように相場全体が下落した場合には損失となってしまいます。

買いと売りを同時に保有すると、下落相場においても買いの損失を売りの利益が相殺してくれるため、相場全体の価格変動に左右されにくい運用が出来ます。これが、ロングショート戦略の最大のメリットです。

下落相場でも損失にならない事によって、投資家としては精神的にも安定した運用を行えます。

ロングショート戦略のデメリット

買いと売りを組み合わせた2つ以上のポジションを組み合わせて行うため、買いだけの投資と比べて売買手数料などのコストが大きくなります。

買いと売りの損益を相殺し市場変動の影響を抑えながら小幅なリターンを積み上げていく手法ですので、ロングショート戦略は、短期間で大きなリターンを期待する事は出来ません。

買った銘柄が上がり、売った銘柄が下がれば、両方の銘柄で利益が出る事になりますが、予想に反して逆に買った銘柄が下がり、売った銘柄が上がった場合、損失も大きくなります。

ロングショート戦略の準備

個人投資家がロングショート戦略を取る場合には、ショート(売り)したい金融商品によって口座の環境を整える必要があります。

株式:証券口座開設とは別に、信用口座の開設が必要
先物:口座開設で売り(ショート)可能
FX:口座開設で売り(ショート)可能
CFD:口座開設で売り(ショート)可能

hoge